Youtubeの再生時間と平均再生率が検索結果の優位性に影響する

先日からYouTubeでの検索結果を左右させる要因のひとつに、「ユーザーによる平均再生時間」が加味されているようです。

以前まではYoutube検索での検索優位性を示す指標として以下

  • 動画の再生回数
  • 動画のタイトル
  • 動画の説明文
  • 関連動画との関連性

などが検索で目立つための要素として大きかったようですが、よりコンテンツの評価基準を改善するために再生時間と再生率(動画の視聴完了時間に対する割合)も含まれるようになったようです。再生時間に関する数値は最近YouTube内のアナリティクスで閲覧可能なったので以前から評価されていて、これから強い基準になる要素なのでしょう。

推定再生時間(分)のデータは2012年9月1日以降で利用可能です。

2014-03-26_17-46-35